正光寺について 正光寺とは 地蔵 腹籠地蔵菩薩   


トップページ  ...過去ニュース

正光寺について
 |縁起
 |ご本尊
 |地蔵菩薩とは
 |寺宝
 |昔の写真
 |境内図

よくわかる「仏事」

「新春法話」 初詣に話した法話集です

行事の案内
 |初詣
 |初地蔵祭
 |春彼岸
 |施餓鬼
 |秋彼岸
 |七五三

厄除祈願

交通安全祈祷

地鎮祭

安産祈願

初参り











葬儀の紹介

 境内の花

アクセス

問い合わせ
正光寺縁起
延命山正光寺は、今を遡ることおよそ600年前、 應永6年(1399年)に、在原善政氏により創建されました。
その後荒廃するも、元禄の頃 元清法印が中興開山し、 以来師資相承され、またお寺の周辺 袖ヶ浦市蔵波地域には、 在原姓が多く、伝説では平安時代 六歌仙の一人で、 伊勢物語の主人公である在原業平の末裔とも語り継がれ、 在原家の一族を中心にお寺が護持されて今日に至っています。
現在の本堂は、昭和50年11月に建立されました。 本堂には、在原家守りご本尊である延命腹籠(はらごもり) 地蔵菩薩がおまつりされております。
御本尊 腹籠地蔵菩薩

ご本尊地蔵菩薩は、平安時代の中頃 天台教学の大成者として名を馳せた 源信法印こと恵心僧都御作と伝えられています。
お参りをしますと、本堂中央に金色の地蔵菩薩を拝しますが、 金色の地蔵菩薩は仮のご本尊でありまして、 実は金色の地蔵菩薩坐像の胎内に、 15センチほどの極彩色の地蔵菩薩坐像が安置されています。
この地蔵菩薩が真のご本尊で、秘仏となっておりますが、 年初めの初地蔵祭の時にお目にかかることができます。
胎内に本尊様がおられることから、延命腹籠地蔵菩薩と称されております。


それから本堂には、ご本尊以外に、如意輪観音菩薩坐像(安土桃山時代)、 弘法大師坐像(江戸時代中期)、興教大師坐像(江戸時代中期)がまつられています。
お釈迦様の涅槃の時期 2月ごろには、一間四方はある涅槃図を本堂内におかけします。
平成22年には、五秘密曼荼羅が本尊脇に奉納されました。
境内には、三界万霊塔(寛政6年 1794年) 地蔵菩薩石像(正徳4年1614年)  宝筐院塔(享保5年 1794年) 子安観音石像(年代不明)、 数多くの六地蔵尊石像が安置されております。

現在は、地域の人々に、「お地蔵さんのお寺」として親しまれ、 地域の檀徒のご先祖様の供養や、初詣など祈願の場として多くの信仰を集めております。

昭和40年代の本堂写真
昭和40年代の参道写真 写真奥が正光寺
昭和20年頃の正光寺の絵図